FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のペーパークラフトの会!

みなさん、4月の予定はたっているでしょうか?
なんと、4月が例会が目白押しで、2週目以降の土日はなんらかの例会が入っているという状態なんですよね。
ところが!なんと1週目だけは空いているんですねぇ
と、いうことで、4月3日の日曜日13時~ペーパークラフトの会、やっちゃいます!
ズバリ、今回のテーマは「イースター」
遊びながら、ちょっとだけお勉強もしちゃいましょう!
今回も参加費100円で、特に参加年齢に制限はありません。
一緒に作って遊ぼう!
スポンサーサイト

「竹遊び」事前ワークショップ&高学年親子の集まり

遅くなりましたが、去る3月26日に小学生例会「竹遊び」の事前ワークショップを行いました。
今回は、中央と南、豊平の3劇場合同でのワークショップでした。


おーざんさんを迎えての内容は、竹の楽器作り!



作る楽器はギロとバンフルートの2種類。
5年生以上はバンフルートに挑戦。
それ以外はギロを作りました。

どちらもノコギリを使っての作業で、ツルツルの竹を切るのはなかなか大変…

それでも、おーざんさんに教えてもらいながら、頑張って作りました!


バンフルートのほうは本当に難しく、家族や友だち4人がかりで作ってる子もいました。
とくに大変だったのが、4本の竹をまとめて縛る工程。
しっかり縛らないと抜けてしまうので、大変でした。


自分の楽器が完成したら、自由に絵も描きました!
この日はちょうど北海道新幹線開通の日だったので、こんな絵を描いている子もいましたよ!



最後にみんなで並んで「げんこつやまのたぬきさん」を合奏しました!

例会が楽しみですね!



そして、ワークショップが終わった後は、事務所に移動して5年生以上の高学年とその親での交流会をしました。


普段は子どもたちだけでの集まりですが、今回は親も一緒。
自己紹介でマイブームを聞いてみると、三国志や戦闘機、読書、ボカロなど色々な話が聞けました。


その後は雑談がメインになってしまい、ちょっと退屈しちゃった子もいたけど、親と子の交流という意味ではいい機会になりました。


いよいよもうすぐ新学期!
また高学年で集まって楽しいことをしたいなぁと思ってます!

おさんぽ劇場 事前交流会

今日は、4月にある幼児例会「おさんぽ劇場」のワークショップ&事前交流会でした。
むすび座から和田さんを招き、工作やお話を楽しみました。
まずは、みんなで工作!
封筒と色紙を使ってパペットを作りました。

和田さんからは見本を見せてもらっただけで、後は自由!
それが逆に難しい…


それでも、子どもらしい発想から、たくさんの封筒パペットが完成しました。
パペットが完成したら、両手にはめて、和田さんとかくれんぼごっこが自然発生。
何気ないことから、遊びは広がっていきます。

最後に、みんなが作った作品を見せてくれました!



象や犬といった動物が多い中、カブトムシやクワガタ、一反木綿なんかを作った子もいましたよ!


工作が終わった後は、例会の話を聞きました。
おさんぽ劇場は「小さなお城」と「ゆいとケンムン」の二本立て。
今日はそのゆいとケンムンのゆいちゃんが遊びに来てくれました。

ゆいとケンムンは、このゆいちゃんと妖怪のケンムン、そしてオバァが出てくる何気ない日常のお話だそうです。
奄美大島が舞台のむすび座完全オリジナル作品。
公演を始めて3年の作品だそうですが、小さい子に人気の作品ということでした。
むすび座さんの人形劇は、役者も人形の横に一緒にいるのが特徴です。


最初は違和感があるかもしれませんが、いつの間にか人形と役者が一体となって、お話の世界に入り込むことができるはずです。
例会をお楽しみに!


今日の写真はInstagramにアップしておきますね。

訃報

本来、この様なことをブログの記事として書くのは不適切かもしれませんが、気持ちを整理するために書かせて下さい。
本日3月15日朝、中央の会員の池田和子さんが他界されました。
池田さんはもう何年も闘病生活を送っていて、特にここ数年は入退院の繰り返しでした。
劇場が、そして子どもたちのことが本当に好きな人で、名前は知らなくとも、例会会場で電動車椅子に乗っている姿を見たことがある人はいるのではないでしょうか。
個人的な話になりますが、私川瀬が池田さんと出会ったのは小学4年生のころだったと記憶しています。
当時は中央の事務所が宮の森グリーン公園のすぐ横にあるアパートの2階でしたが、苦労しながらも階段を上り下りしていたのを思い出します。
私やいっくたち、そしてそれよりも上の世代の元青年にとって池田さんの存在は大きく、劇場活動を送るに当たって壁にぶつかった時は決まって池田さんと話をしにいったものです。
とにかく誰からも慕われる人柄で、親しみの意味も込め「いけだ」と呼ばれていましたが、いつもニコニコと素敵な人でした。
私にとって池田さんは3人目の祖母のような存在で、劇場活動だけでなく、人生における大事なことをたくさん教えてもらいました。
特に印象に残っているのが、「話し合いをする時は最低でも3人で」という話です。
この話をする時は決まってマグカップを持ち出し、1人では平面的にしか捉えることができない。
2人なら表と裏が分かるが、まだ足りない。
3人揃うことで、おぼろげながらも全体像が掴めてくる、という話です。
いわゆる、三人寄れば文殊の知恵ってやつですね。
この教えは未だに守り続け、青年で集まる時は最低でも3人以上で調整しています。
もう1つ印象的な言葉が「私は永遠の25歳」です。
とにかく若々しく、池田さんらしい言葉だと思っています。
いつの間にか私もそんな池田さんの年齢を超え、もうすぐ29歳になろうとしています。
池田さんのように…は難かしいけど、大事なことをたくさん伝えていけるような、そんな青年ラストイヤーにしたいと、改めて思いました。
長々と綴ってしまいましたが、本当に池田さんとの思い出は尽きることはありません。
明日、明後日としっかりお別れをしてこようと思います。

Instagram

約2週間かけて、わくわく運動会の写真をInstagramにアップしました。
もし、よかったら覗いてみて下さいな。
アカウント名は「chuohseinen」です
プロフィール

札幌太陽中央子ども劇場青年ブロック

Author:札幌太陽中央子ども劇場青年ブロック
どうも札幌太陽中央子ども劇場の青年ブロックです。
主に中高生以上のメンバーでのんびりゆったり遊んだり、活動の企画をしたり、出かけたりしています。活動の記録やお知らせをのんびりしていこうかな、と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
きてくれたおともだち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。